東進の体験授業の様子は?

大学受験の間近になると、予備校へ通い始める学生が増加します。
しかし予備校を選ぶ際は月々の授業料や講師の質、授業内容など、様々な事柄を見極めて選ぶ必要があります。
間違えて予備校を選んでしまうと受験に大きく影響するため、まずは体験授業を受けてから判断することが望ましいでしょう。

大手予備校の東進でも、高校生を対象に体験授業を実施しています。
無料で授業を体験できるのが大きな特徴ですが、志望校の合格へ向けて予備校を検討中の方にとって、東進の無料体験授業は大きな強みと言えます。
東進は過去に数多くの受験生を講義し、かつ難関大学の合格実績を非常に多く持つ予備校です。
こうした強みを持つ同校の授業を無料で体験できるほか、受験や学習方法に対する悩みを相談することができます。
体験授業を通じて講師からアドバイスをもらえますので、受験などで悩んでいる方も参加してみると良いでしょう。

予備校は体験授業を受けてみないと分からないことばかりかと思います。
例えば、その予備校が取り入れている具体的な学習のスタイルや通塾イメージ、講師の質や校舎の雰囲気など、これらは自身で体験しないと判断できないことです。
東進の体験授業に参加すれば、学習のスタイルや通塾イメージなどを判断できるだけでなく、講師の質も見極められます。
特に講師の質を確認できる点は大きな魅力と言えるでしょう。

東進の体験授業内容は、担当スタッフによる面談・ヒアリングと事前に実施される簡単な学力テストの結果を基にしています。
他の予備校と異なっている点は、個々の実力・希望に合わせた最適な授業を体験できる点です。
一般的な予備校の場合、体験授業で受けられるカリキュラムはほぼ決まっていますが、東進の場合は事前に学生との面談などに基づいて決めるのが特徴です。
これにより、自分の苦手な分野を克服する方法を探ったり、自分には分からない本来の学力を判断できるようになります。

東進MSGの無料体験授業を受けることで、東進MSGの衛星予備校が自分にとって最適かを判断できます。

また、体験授業を受けたからといって、すぐに入塾を決める必要はありません。
実際の学習内容や校舎の雰囲気が合っているかなどを、体験授業で判断した上で決めることが可能です。
予備校選びは自身の将来にも大きな影響を与えますので、授業を体験した後は慎重に決めるのが良いでしょう。

なお、東進で実施されている体験授業は希望する校舎で受けられます。
毎日実施されていますので、スケジュールに合わせたり希望する日時を選べます。
ただし事前の申込みが必要になっているため、体験授業を希望する方はなるべく早めに申し込んでおきましょう。

東進の体験授業はオンライン上から申し込むことが可能です。
まず入塾を希望する近くの校舎を選択し、必要な情報を入力して送信します。
しばらくすると担当者から連絡が入りますので、体験授業の希望日時などを調整しましょう。

当日になったら時間までに校舎へと向かい、受付で体験授業に来たことを伝えましょう。
必要に応じて学力テストを実施し、スタッフから校舎に関する説明を受け、面談やヒアリングを実施します。
そして実際にピッタリの授業を体験できますので、時間いっぱい学習してみましょう。
その後は体験した内容を基に入塾するかを判断します。

体験授業は東進の校舎全てで開催されていますが、講師の質などは各校舎ごとに異なる場合があります。
もし通える範囲に複数の校舎がある時は、別々に体験授業を申し込んで通う校舎を決めるのも良いでしょう。

東進は大学の合格実績が多く、各生徒に合わせたカリキュラムを提案してくれるのが強みの予備校です。
体験授業でも実際とほぼ同じ講義を受けられますので、予備校選びで悩んでいる方や興味がある方は、一度申し込んでみてはいかがでしょうか。

臨海セミナーの口コミ評判はどうか?強みや特徴とは

臨海セミナーは1972年創立の学習塾です。首都圏を中心に生徒数は4万8千人あまりとなっています。指導内容は、中学・高校・大学の受験指導や個人指導だけでなく、TOEICなどの指導も行っています。
臨海セミナーの強みは、地域に密着した指導です。とりわけ高校受験は有名私立校だけでなく、地元にこだわり、地域に根付いた都立高にも合格者が多くいます。それは目の前の生徒を大切にし、その生徒に合ったカリキュラムを考え、実施しているところが大きな特徴だからです。そのため、通ってきている生徒やその保護者からの口コミからは、懇切丁寧な、的を射た授業がいいという評判があります。
また、臨海セミナーでは「共演授業」という学習スタイルを展開しています。これは生徒とのコミュニケーションを大切にした相互参加型の授業なのです。指導者と生徒が近くなるため、生徒自身から質問もしやすいのが大きなメリットになっています。それゆえに、生徒の成績が向上するというプラスのスパイラルとなっています。小さなことから達成感を味わわせる授業であるので、その積み重ねがゆるぎない自信になり、受験突破というパワーを生み出すのです。
始めは成績が伸びなかった生徒でも、毎回臨海セミナーに通ううちに、少しずつ進歩を感じさせるような指導を、その学舎全体で行うので、前向きの気持ちを持って学習に取り組むようになります。生徒一人一人の特性を確実につかみ、それを指導に生かしているのは大きな強みと言えるでしょう。
指導者が一方的に話すだけの授業ではなく、生徒の心にぐっと踏み込める授業こそが、保護者からの良い評判をよんでいるのだと言えます。保護者と生徒のニーズをしっかりつかみ、それをきちんと提供していることは大きな特徴です。
また、授業形態が集団・個別授業だけでなく、映像授業も行っています。タブレットを用いた映像授業は小学生から大学受験生まで、受験に必要な教科を選んで、効率よく、わかるまで何回も学習できるところが特徴です。集団授業では、気恥ずかしくて何となく質問できなかった生徒にとっては、理解できるまで、完全に分かったと言えるまで学習できるのは、成績も上がりやすく、生徒にとっても利点があります。
このように、臨海セミナーは生徒一人一人の立場に立ったオーダーメードの授業を展開し、双方でコミュニケーションをとりながら、楽しく学力をアップさせる塾だと言えるのです。

市進学院の口コミ評判はどうか?強みや特徴とは

さまざまな学習塾がありますが、それらの中でも高い知名度と信頼を集めているのが、市進学院です。ここでは、学び方を生徒に選んでもらうという画期的な指導方法を提案しています。集団で受ける授業や個別指導、映像を用いた授業が用意されていますので、自分の希望する学び方を自由に選んで組み合わせることも可能なのです。

 

集団の中でライバルたちと切磋琢磨することによって、モチベーションを常に高く維持できるというメリットもあります。また、自分のペースでゆっくりと勉強に専念したい人にとっては、個別指導が役立ちます。映像を何度も繰り返し確認しながらじっくり学べる授業は、予約さえすればいつでも学習できて非常に便利なシステムといえます。
市進学院では、授業前後にはフォロータイムを設けている点も強みとなっています。わからない部分をそのままにせずにすぐに講師に質問できる環境が整っていますので、スムーズな成績アップにつながるのです。そして、市進学院の大きな特徴として、完全担任制度があります。毎日の学習内容から家庭学習のやり方、受験対策やメンタルケアに至るまで、しっかりと寄り添って相談に乗ってくれる担任は、多くの生徒たちの間で厚い信頼を寄せられているのです。
さらに、定期的に進路相談会なども開催することによって、最新の受験情報を保護者や生徒にスピーディーに提示しています。倍率や合格率などについても綿密に分析した上でわかりやすく説明してくれる点も頼りになる存在として喜ばれているのです。

市進学院に対する口コミによる評判は、年々高まりを見せています。不安や悩みを抱えて生徒たち一人一人に同じ目線で接してくれる講師陣は、精神的なケアの役割を果たしてくれています。
最新の入試問題を数多くおりこんだオリジナルテキストを授業で扱いながら、家庭学習においても専用の教材を用意しています。バリエーションも豊富で、子供たちが楽しみながら問題を解くことに集中できる独自のテキストは、この学習塾が選ばれる大きな理由の一つとなっているのです。
このように、成績を飛躍的に伸ばすことを望んでいる生徒や保護者にとって、市進学院は安心して全てを委ねることができる優れたスペシャリストたちの集まりといえます。実際に通っている生徒たちの口コミ評価では、常に質の高さを絶賛されている授業内容や雰囲気、合格率の高さは、今後も多くの人々から注目を集めるようになるのです。

東進育英会ってなんだと思いますか?

親として、子どもには良い学校に行ってもらい、その先にある輝かしい将来を手にしてもらいたいもの。
それはいつの世も変わりません。
少子化の時代といわれて久しいですが、今も大学受験の競争は激しく、難関校に入学するためには大きな努力が求められることに違いはありません。
そんな状況ですが、学習は若いうちにするに越したことはありません。
なにも学習をせずに高校生になり、大学受験に向けて躍起になって努力するよりも、やはり小中学生から着々と学習習慣を身に着け、また必要とあれば中学受験や高校受験などもしっかりと対策を立てて行うことが、結果的には子どものためにもなるのです。
ですが、大学受験よりもさらに中学受験などは保護者の皆さんにとってはわからないものですよね。
そのため、中学受験や高校受験を考える際にも、しっかりとした受験指導教育を行ってくれる予備校を利用することが必要です。

もし茨城県にお住まいであれば、東進育英舎がおすすめです。
東進育英舎はその名の通り、大学受験予備校として多くの実績を持つ東進にかかわりのある中学受験、高校受験の予備校です。
これまで培ってきた大学受験のノウハウに加え、小中学生向けのメソッドも取り入れた予備校といえるでしょう。
2017年の合格実績では多くの名門中学校に合格者を輩出しており、その実力のほどがうかがえます。

この東進育英舎ですが、なぜこのように大きな成果を上げることができているのでしょうか?
その理由は、「四谷大塚」との連携にあります。
四谷大塚は首都圏難関中学受験で圧倒的な実績を持っており、中学受験など、小学生向けの教育に独自のノウハウを持っています。
そうしたノウハウをフル活用し、また週に50分×9コマという授業料で、しっかりと身につく学習を提供することができているのです。
また、東進育英舎では、単に詰め込み教育をするのではなく、自分の頭をしっかりと使い、自分の考えで答えにたどり着くような学習が行われます。
単純に答えを暗記するような付け焼刃の方法ではなく、思考力を鍛える学習になっているため、中学受験はもちろんのこと、その後の受験や社会人としての生活に大きく役立つ能力につながっていくのです。

また、授業の中では集団授業の中で信頼感や社会性をはぐくむこともとても重要視しています。
子どもが社会に出ても通用する社会性を持つことはもちろんのことですが、仲間との信頼関係はより学習意欲を向上させ、連帯意識の向上にもつながります。
講師、スタッフ、そして受講生同士が仲間となることによって、より学習に積極的な生徒になっていくことでしょうね。

東進育英舎は茨城県内に4つの校舎を持っており、水戸校、日立校、勝田校、友部校となっています。
茨城県内に幅広く校舎が存在していますから、通いやすい位置に存在するといってもいいでしょう。
受講料についてはどうでしょうか?
小学1年生では月6000円から、中学3年生でも18000円からと、別途テスト代などはかかりますが、そんなに高くなく通うことができます。

もちろん中学受験だけでなくて、その後の高校受験などについても、切れ目なくサポートを受けることのできる体制が構築されています。
自分の子どもに中学受験をさせてみたい、と思うのならば、東進育英舎という選択肢はいかがでしょうか?
きっと、受験だけではなく、学ぶ楽しさ、仲間を作る楽しさ、そして自分の将来に向けた夢を持つことができるようになるでしょう。
最適な学習環境、そして高い合格率。
東進育英舎には、子どもが健やかに成長し、そして学力を向上させていくために必要な環境がすべてそろっているといっても過言ではありません。

東進のビジネススクールってなに?

全国規模の予備校で、多数の受験生が利用をしている東進。
そんな東進では、大学生や社会人に向けた東進ビジネススクールも開かれています。
これから社会に出ようとしている大学生も、またすでに社会で活躍をしている人も、東進ビジネススクールで更なる自己研鑽に励んでみてはいかがでしょうか。

東進ビジネススクールで大学生を対象にして行われているのが、ビジネス英語講座。
近年はグローバル化の流れが著しく、そして今後もその傾向は続くと予想されています。
たとえ国内の会社に就職をしても、外国人を相手に商談を任されたり外国人と同僚になるといったことは十分に考えられます。
また英語ができるということは、単純に就職においてアピールになります。
ビジネス英語は学校で学んだ部分だけでマスターをすることは難しく、どうしてもそれ以外で学習をする必要があります。
東進のビジネス英語講座は企業の研修にも用いられており、有名な予備校ともあってその品質には一定の信頼を置くことが出来ます。
社会で通用する英語スキルを身に付けたいという人は、ビジネス英語講座への申込を検討してみてはいかがでしょうか。
ビジネス英語講座の資料請求は、東進の公式サイトから行うことが出来ます。

社会人に向けても行われている、東進ビジネススクールの英語講座。
そんなビジネス英語講座には、3つの大きな特長があります。
まずは、「講師陣の質が高い」ということ。
講師には著書を出版している人物もおり、ビジネス英語のプロフェッショナルが揃えられています。
またUSAの講師からオンライン講座を受けることも可能で、本場の発音を学ぶことが出来ます。
近年はオンライン英語の普及も進んでいますが、オンライン英語には気軽に利用出来る反面ネイティブスピーカーの講師が少ないという欠点もあります。
本場の発音に近いということは通じやすさにも繋がりますので、より極めたいという人にも東進のビジネス英語講座は向いています。

また東進のビジネス英語講座には、「最新の映像講座」という特長もあります。
校舎に行かずともパソコンを通して学習をすることが出来ますので、忙しい社会人にはピッタリのシステムと言えるのではないでしょうか。
自分のペースで、少しずつステップアップをすることが可能です。
また英単語の学習はスマートフォンからでも行うことが出来ますので、隙間時間を有効に活用することが出来ます。
電車での移動時間、会社での休み時間、ちょっとした待ち時間。
そうした時間を自己研鑽に使ってみてはいかがでしょうか。

そして東進のビジネス英語講座最後の特長が、「成果にこだわることによるステップアップ」。
東進ではとにかく成果を出すことにこだわった講義が実践されており、それはTOEICのテスト結果にも反映をされています。
法人を対象にした16週間の研修ではTOEIC平均が140.5点もアップしており、多くの受講者がその効果を実感していることが伺えます。
とにかくわかりやすい結果が欲しいという人にとっても、東進のビジネス英語講座は向いていると言えるでしょう。

いかがでしょうか。
このように、東進のビジネス英語講座には3つの大きな特長があります。
社会人になっても勉強なんて気が進まないという人もいるかもしれませんが、英語を身に付けることは決して無駄にはなりません。
ビジネス英語をマスターすることが出来れば、どこかで役に立つ機会というのは訪れるはずです。
また社員の英語スキルを底上げをしたいと考えている法人にとっても、申し込む価値は十分にあると言えるでしょう。
そんな東進のビジネス英語講座への資料請求は、公式サイトから行うことが出来ます。
まずは、サイトにアクセスをしてみてはいかがでしょうか。

東進模試を受ける方にオトクな情報

大学受験をするにあたって、模擬試験の活用は欠かすことができません。
模擬試験は本番の試験会場の雰囲気を味わうことができるとともに、定期的に緊張感をもって受験勉強に励むために必須のものだからです。
そんな模擬試験ですが、主にどんな目的で受験されますか?
多くの人は、「現在の自分の力を知るため」に受験されることでしょうね。
もちろんそれは間違いではありません。
模擬試験は、受験日現在の自分の実力を知って、志望校に対してどのくらいの差があるかを知るためのものだからです。
しかし、どの予備校の模擬試験でも同じ、というわけではありません。
せっかく模擬試験を受験するのであれば、より効果的で、合格に近づく模擬試験を受験すべきでしょう。

具体的には、どの予備校の模擬試験を活用するのがいいのでしょうか?
ここでは、東進をおすすめしたいと思います。
なぜかというと、東進の模擬試験は現在の自分の力を知るだけでなく、さらに自分の力を伸ばしていくためにも役立つためです。

より詳しく内容を見ていきましょう。
東進の模擬試験は、「現在の力を知る」、「将来の力をつける」という二つの目的を両方とも達成することができるような作りになっています。
前者の「現在の力を知る」の中でも、「絶対評価」と「相対評価」の双方で知れるシステムとなっています。
つまり、「絶対評価」においては、受験現在の自分の力を絶対評価でチェックし、これまでの東進が蓄積してきた志望校情報と比較して、どの程度まで学習が進んでいるかと判断することができます。
「相対評価」においては、受験者の中で自分がどのくらいの位置にいるかを偏差値を用いて判断することができるため、現時点での順位や合格率判定などを行うことができます。

上記のような「現在の力を知る」は、おおむねどの予備校でも行っていることです。
東進の模擬試験が強みとしているのは、「将来の力をつける」という点です。
今回模擬試験を受験しました、〇〇点しかとれませんでした、おしまい、では、全く受験の成果を生かしているとは言えません。
自分がどういった分野に強みを持っており、どういった分野が弱いのか。
今回の受験でわからなかった場所はどこか、などを正確に把握し、その弱点をつぶすような、戦略的な学習こそ、もっとも効率的な学習といえるのです。

東進では、模擬試験終了後、試験問題に対応した特別講義を行っており、受験者が自分の回答を見直しながらより学習を深めることができます。
こうした授業はすべて動画で受講することができるため、自分のスケジュールに合わせて校舎で受講できます。
また、一日の時間も惜しい受験生にとって、「答案がいつ返ってくるのか」という問題も重要でしょう。
数週間や1か月など答案が戻るのに時間がかかる模擬試験も珍しくありませんが、東進の模擬試験では、なんと7日間で受験者のもとに答案が戻る仕組みになっています。
どんな問題が出題されたか、それに対して自分はどんな回答をしたのか、忘れることなく、鉄が熱いうちにしっかり打つことのできるスケジュール感覚ですね。

このように、東進の模擬試験についていくつか解説してきました。
このほかにも様々なメリットが存在しており、志望校の難易度別に様々な種類の模擬試験も存在しています。
これまで大学受験を経験したことのない現役生にとっては特に重要になってくるのが模擬試験です。
どんな模擬試験を受けるのか、それを受けてどんな受験勉強を進めていくのか、自分の将来を左右することですからしっかりと考え、もっとも合格に近いルートを選んでくださいね。
模試が非常に大きな意味を持っていることを知っておきたいですね。

東進MSGの人気講師について細かく説明します(評判も)

CMでもお馴染みの東進。
進学塾の代名詞と呼んでも過言ではないほどその知名度は高いです。
多くの生徒の秘めたる可能性を最大限引き出してくれる東進にはたくさんの魅力がありますが、その中でもやはり講師の質については他とは比べ物にならないほどの高さを誇っています。
この東進の人気講師たちについて紹介したいと思います。

まず東進に在籍している講師は厳選されたプロフェッショナルです。
非常に厳しい条件をクリアした講師たちは様々な知識はもちろん、豊富な経験も身に付いています。
これまでに数えきれないほどの生徒たちを希望通りの学校に合格させてきたその手腕は、経験を重ねるごとに更に磨きがかかり今現在も大きく飛躍し続けています。

今の時代身に付けておいて絶対に損はない、むしろ身に付けることが常識ともなっている英語。
多くの学生はこの英語でつまずくこともあります。
東進には英語を教えるプロフェッショナルがたくさんいますが、その中で特に注目されている人物が土岐田講師です。

彼の魅力はこれまでの英語観を覆してしまうような授業スタイルです。
テキスト通りの授業ではなく、自身がこれまで経験して培ったものを生徒たちに伝えながら英語の楽しさを教えてくれます。
英語を使う地域の文化そのものを伝えることで、より生徒たちの中に英語が浸透されやすくなります。
そしてまだ見えていない生徒一人一人の可能性を引き出すように英語への興味と好奇心をどんどん掻き立ててくれるのも彼の授業スタイルの魅力の一つとなっています。

それから数学では志田講師を紹介したいと思います。
志田講師が行う数学の授業は、非常にわかりやすく「解くこと」の楽しさを生徒に伝えてくれるものです。
これまでほぼ暗記で頭の中に入れてきた数学の難しい公式などを分析する機会は生徒にとってはなかなかないものです。
ですが志田講師の授業を受けることでこれまで何も考えずに覚えた公式に当てはめてきた問題も、公式の意味を考えることでとても興味深いものに変化していきます。
そしてそれがきっかけとなって数学に取り組む意欲がどんどん沸き、生徒の才能を大きく開花させてくれます。

この他にも東進には個性的で魅力溢れる講師陣がタッグを組んで目標に向かう生徒を完全サポートしています。

ただ初めて東進を考えたとき、いくら講師の質が高いと言っても半信半疑になってしまうこともあると思います。
その場合は体験授業を受講することをオススメします。

生徒によって合う講師、合わない講師はあります。
いくら有名で一番良いと評判の講師であっても、肝心の生徒がその講師を合わない場合は能力を発揮することが難しくなることもあります。

東進の体験授業では様々な講師が独自の授業スタイルで出迎えてくれます。
体験授業を受けることで講師のことがとてもわかりやすくなります。
またそれだけではなく、どういった学習スタイルなのかを把握することはこの先目標に向かって取り組む生徒にとって非常に重要なことだと思います。
更に実際に東進の校舎で授業を受けることで、雰囲気もしっかり確認することができます。
勉強には集中力が不可欠で、この集中力は生徒にとって快適な空間で勉強しているかどうかによって大きく変わってきます。
常に集中して取り組むことができる環境であることをしっかり体験授業で確認しておくことが今後に影響してきます。
それをしっかり確認し、講師を信頼して取り組むことで必ず夢は実現するはずです。

見た目も授業スタイルも、とにかく個性的な講師が集う東進。
勉強することが何よりも楽しいと感じる時間を提供してくれます。
何万人もの生徒がこの東進で自分の才能を発揮して講師と共に笑顔で合格発表を迎えてきました。
ぜひこの東進講師たちの魅力を実感してください。

東進の合格実績を少し紹介しましょう。

大学受験の塾や予備校を選ぶにあたって重要になる指標は何でしょうか?
立地条件や学費、講師なども重要な指標かもしれませんが、最もわかりやすく、そして重要な指標は「合格実績」です。
受験の世界は厳しいもので、どんなに勉強熱心な生徒がいたとしても、どんなに教育熱心な講師がいたとしても、毎年受験結果は厳密に出されます。
どんなに努力しても合格を勝ち取ることができなければ、その予備校で成果を上げたことにはならないのです。
ですから、これから塾や予備校を選ぶにあたっては、合格実績をしっかりとチェックすることが重要でしょう。

では、合格実績といってもどのような点に注意してみていけばいいのでしょうか?
それは、「精度の高い」「実績値」をしっかりと見極める、ということでしょうね。
皆さんは合格実績というとどの予備校も同じような方法で算出しているように思うかもしれませんが、実は数字の出し方には予備校ごとに大きく方法が異なります。
この数字の出し方によって、予備校の実力以上の合格実績の数字を出すこともできるため、よく注意してみなければならないのです。

では、どういった点で合格実績の水増しが行われるのでしょうか?
一番よくある手法は、短期の講習や模擬試験を受けただけの人間も合格実績に入れてしまう、というやり方です。
例えば正規の生徒が1000名しかいないにもかかわらず、講習や模擬試験を受けたのが3000人いた場合、合わせて4000人の合格実績を、さも1000名の実績のようにかたる予備校があるのです。
単純に言えば合格数は4倍になりますから、ものすごい合格実績を持つ予備校のように見えてしまうでしょう。
こうした合格実績の水増しは予備校業界では日常茶飯事となっており、多くの予備校で行われています。
しかし、こうした水増しを一切行わず、そのうえで驚異的な実績をたたき出している予備校があるのです。

それが、東進なのです。
テレビCMや個性的なカリスマ講師で有名な東進ですが、なんといってもその授業の質の高さと合格実績から業界で多くのシェアを獲得しています。
東進では、合格実績を公表するにあたって、いくつかのモットーを宣言しています。
そのうちの一つが、上記のような講習生を合格実績に含まない、ということです。
ですから、東進の合格実績はみんなきちんと正規の受講生として教育を受けてきた生徒たちなのです。
また、いわゆる浪人生である高卒生の実績を含んでいないため、すべて現役合格の数値を見ることができます。

では、そんなきちんとした方法で算出された東進の合格実績はどんなものなのでしょうか。
なんといっても驚くのは、東大への合格数の多さですよね。
直近年度では、なんと742名の合格者を輩出しています。
東京大学の入学性の数は2043人であるため、なんと東大生の3人に1人以上は東進生であるということが言えるのです。
国公立の医学部では596名、旧七帝大では2685名、国公立大に範囲を広げれば13762名も合格者を出しています。
もちろん私立対策も万全でして、早慶の5071名を筆頭に、多くの有名私大を、関東、関西など地方を問わず多数出しているのです。

このように多くの合格実績を誇るのは受講生の数が多いということも大きな理由ですが、なんといっても授業の質が高くて、合格に向けて最短ルートを通ることができる教育がなされているためです。
ですから、さらに多くの生徒が集まり、どんどん良いスパイラルが形成されていくのですね。
これまでの実績から過去問分析や傾向と対策もばっちりです。
大学受験をするならば、大学の難易度にかかわらず東進は第一の選択肢といえるでしょうね。

東進の校舎一覧を見てみよう

塾や予備校を選ぶ基準はいくつか存在しますが、その中でも立地条件は大きな位置を占めます。
受験勉強をするということは、予備校での学習を自分の「生活習慣にする」ということ。
学校や自宅から遠く、通いづらい場所では、どんなに質の高い学習を提供している予備校だったとしても、続けていくのは難しいでしょう。
ただ単純に通学がつらい、というだけではなく、通学に使う時間も、一年間続くと大きな時間のロスになってしまうためです。

例えば、週5日予備校に通う受講生がいたとして、予備校に行くまでに1時間かかるとしましょう。
単純に考えれば往復で2時間かかることになります。
それが、週5日、月20日、1年間で240日と考えると、なんと480時間も通学時間に費やしてしまうことになります。
それを24時間で割れば、まるまる20日も電車やバスに乗っていることになるわけです。
交通機関の中でも単語帳を見るなどできることはありますが、それでも限界はあります。
なるたけ通学のしやすい環境で学習することが重要です。

その点、東進ハイスクールはどうでしょうか?
東進ハイスクールは関東一円を中心に校舎を展開しており、多くの受講生が通学しています。
都道府県でいうと、東京都、埼玉県、千葉県、茨城県、静岡県、長野県、奈良県に校舎を持っています。
特に東京には校舎が多く、新宿、錦糸町、池袋、町田、五反田、下北沢など、交通の要所には多数存在しています。
数多く展開しているので校舎一覧を挙げることができませんが、東京の中央地区だけでも、「市ヶ谷校、新宿エルタワー校、新宿校大学受験本科、高田馬場校、人形町校」があります。

そのほか横浜や大宮など大都市圏には存在しており、その地域に住む学生にとっては非常に通いやすい予備校であるということができるでしょう。

しかし、東進ハイスクールは関西や地方には校舎を持っていません。
そうした地域に住む学生は、東進ハイスクールを利用することはできないのでしょうか?
いいえ、心配することはありません。
確かに実際に講師が授業を行う校舎は関東などにしか存在しませんが、北海道から沖縄まで、日本全国に東進衛星予備校が存在しています。
東進衛星予備校とは何でしょうか?
これは、実際に授業が行われた様子の動画を見ることができ、学習を進めることのできる校舎のことです。
今では多くの予備校が動画配信による授業を行っていますが、東進ハイスクールはその先駆けとして、いち早く動画配信による授業をスタートさせました。
リアルタイムで行われる授業の臨場感は確かに生徒の理解度を向上させ、緊張感を保たせる効果がありますが、動画配信には動画配信なりのメリットも存在するのです。

そのメリットとは、「再生停止が自由自在」ということと「いつでも好きな時に見ることができる」という点です。
再生停止が自由自在であるため、視聴中にわからないところがあれば一時停止をしたり見直すことができます。
また、いつでも動画を視聴することができるのでは、日中や夜間など時間を問わずに学習することができます。
こうした点はリアルタイムの授業にはないメリットであり、かえって多くの受験生に受け入れられました。
現役生はもちろんのことですが、いわゆる浪人生である高卒生にとっても、こうした受講スタイルは非常に使い勝手がいいものということができるでしょう。

このように、東進ハイスクールはリアルタイム授業を行う関東一円の校舎と、随時動画配信を行って学習をする東進衛星予備校の二段構えで日本全国に拠点を展開しています。
それによって、日本全国どこにいても変わらずに東進ハイスクールの質の高い授業を受ける体制が構築されているのです。
ですから、東進ハイスクールはみなさんが住んでいる地域を問わずにお勧めすることができます。
ぜひ大学受験をお考えの方は検討してみてはいかがでしょうか?

東進の過去問データベーズ、見たことある?

予備校の中でもかなり知名度が高く、多くの受験生に選ばれている「東進」。
現在は他の予備校や塾に通っている人も、また予備校や塾に通う気のない人も、受験の予定があるのなら東進の公式サイトにアクセスをして損はありません。
なぜなら東進の公式には、大学入試の過去問データベースが掲載をされているからです。

過去問データベースとは言っても、どうせ少しだけなんでは?
そう思う人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
過去問データベースに収録されている大学数は186にも上り、そして期間は最大で22年分が収録をされています。
もちろん各大学だけではなくセンター試験の過去問も掲載をされており、会員登録こそ必要ですがこれらは無料で閲覧をすることが出来ます。
入試日の翌日から解答が掲載されており、早さも抜群。
過去問がいかに重要ということを、先生や先輩から聞かされたことがある人は多いのではないでしょうか。
その膨大なデータが、東晋の過去問データベースには詰まっています。
志望校の過去問をチェックするだけではなく、大学選びにも多いに参考になることでしょう。
受験を間近に控えているという人、またそうでない人も将来的に大学に進学をするつもりがあるのならアクセスをして損はありません。

志望校の過去問を見て、全然わからない!と自信を喪失してしまう人も少なくはないでしょう。
ただ今わかっていないことは大したデメリットではなく、これから勉強をしてわかるようになればいいだけの話です。
受験を翌日に控えている段階ならばさすがに厳しいのかもしれませんが、数ヶ月も先の話ならばこれからの勉強次第で志望校に必要な学力に届くことは充分にあり得ます。
自主学習でも受験に成功している人はいますが、より確実にしたいというのであれば予備校や塾に通うことも検討をしてみましょう。

東進に入校をしたいけど、どこにあるのかがわからない。
そんな人は、東進の公式サイトから近くの校舎を探してみましょう。
予備校大手である東進は北は北海道、南は沖縄まで校舎を構えており、かなりの確率で圏内の校舎が見つかると思われます。
また入学申込も公式サイトから行うことが可能ですし、もう少し詳しく知りたいという人は資料を取り寄せることも出来ます。
過去問のデータを調べたい人も、東進のことをもっとよく知りたいという人もまずは東進の公式サイトにアクセスをしてみましょう。

また東進では、高校生を対象にした体験授業も実施されています。
体験授業とは言っても、もちろん講師はこれまで幾人もの受験生をサポートしてきたエキスパートばかりです。
予備校や東進に対して不安を感じている人、部活動の両立に確信が持てず予備校に通っていることを躊躇っている人、まずは雰囲気を知りたいという人…。
そんな人は、1度体験授業に申し込んでみてはいかがでしょうか。
実際に授業を受けることでわかることは必ずあると思いますし、また東進が合わなかったとしても受験が絶望的になるというわけではありません。
その時は他の予備校など、別の道を探れば良いだけのことです。
体験授業はもちろん無料で行われていますし、またその場で決めなくてはいけないというわけではありません。
東進の授業を受けてみて続けられそうか、ここで学べば現役合格に近づくことが出来るかどうか…。
よく検討をして、決めましょう。

また体験入学の申込も、東進の公式サイトから行うことが出来ます。
申し込むと担当者からの電話連絡がありますので、日時を決めて東進の校舎を訪ねましょう。
勉強なくして、志望校に合格をすることが出来ません。
そして東進はそんな受験勉強において、これまで幾多もの実績を残してきた予備校です。