東進の体験授業の様子は?

大学受験の間近になると、予備校へ通い始める学生が増加します。
しかし予備校を選ぶ際は月々の授業料や講師の質、授業内容など、様々な事柄を見極めて選ぶ必要があります。
間違えて予備校を選んでしまうと受験に大きく影響するため、まずは体験授業を受けてから判断することが望ましいでしょう。

大手予備校の東進でも、高校生を対象に体験授業を実施しています。
無料で授業を体験できるのが大きな特徴ですが、志望校の合格へ向けて予備校を検討中の方にとって、東進の無料体験授業は大きな強みと言えます。
東進は過去に数多くの受験生を講義し、かつ難関大学の合格実績を非常に多く持つ予備校です。
こうした強みを持つ同校の授業を無料で体験できるほか、受験や学習方法に対する悩みを相談することができます。
体験授業を通じて講師からアドバイスをもらえますので、受験などで悩んでいる方も参加してみると良いでしょう。

予備校は体験授業を受けてみないと分からないことばかりかと思います。
例えば、その予備校が取り入れている具体的な学習のスタイルや通塾イメージ、講師の質や校舎の雰囲気など、これらは自身で体験しないと判断できないことです。
東進の体験授業に参加すれば、学習のスタイルや通塾イメージなどを判断できるだけでなく、講師の質も見極められます。
特に講師の質を確認できる点は大きな魅力と言えるでしょう。

東進の体験授業内容は、担当スタッフによる面談・ヒアリングと事前に実施される簡単な学力テストの結果を基にしています。
他の予備校と異なっている点は、個々の実力・希望に合わせた最適な授業を体験できる点です。
一般的な予備校の場合、体験授業で受けられるカリキュラムはほぼ決まっていますが、東進の場合は事前に学生との面談などに基づいて決めるのが特徴です。
これにより、自分の苦手な分野を克服する方法を探ったり、自分には分からない本来の学力を判断できるようになります。

東進MSGの無料体験授業を受けることで、東進MSGの衛星予備校が自分にとって最適かを判断できます。

また、体験授業を受けたからといって、すぐに入塾を決める必要はありません。
実際の学習内容や校舎の雰囲気が合っているかなどを、体験授業で判断した上で決めることが可能です。
予備校選びは自身の将来にも大きな影響を与えますので、授業を体験した後は慎重に決めるのが良いでしょう。

なお、東進で実施されている体験授業は希望する校舎で受けられます。
毎日実施されていますので、スケジュールに合わせたり希望する日時を選べます。
ただし事前の申込みが必要になっているため、体験授業を希望する方はなるべく早めに申し込んでおきましょう。

東進の体験授業はオンライン上から申し込むことが可能です。
まず入塾を希望する近くの校舎を選択し、必要な情報を入力して送信します。
しばらくすると担当者から連絡が入りますので、体験授業の希望日時などを調整しましょう。

当日になったら時間までに校舎へと向かい、受付で体験授業に来たことを伝えましょう。
必要に応じて学力テストを実施し、スタッフから校舎に関する説明を受け、面談やヒアリングを実施します。
そして実際にピッタリの授業を体験できますので、時間いっぱい学習してみましょう。
その後は体験した内容を基に入塾するかを判断します。

体験授業は東進の校舎全てで開催されていますが、講師の質などは各校舎ごとに異なる場合があります。
もし通える範囲に複数の校舎がある時は、別々に体験授業を申し込んで通う校舎を決めるのも良いでしょう。

東進は大学の合格実績が多く、各生徒に合わせたカリキュラムを提案してくれるのが強みの予備校です。
体験授業でも実際とほぼ同じ講義を受けられますので、予備校選びで悩んでいる方や興味がある方は、一度申し込んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です